【問題タイプ別】Discuss both viewsは必ず反論が必要か?

IELTSのライティング・タスク2には、主に7つの問題タイプが出題されます。

その中から、今回は「Discuss both views and give your own opinion.」の書き方を考えてみましょう。

Discussとは一体何をすればいいのか?

ディスカッションというのは通常複数の人で行いますが、アイエルツのライティングのような場合、ディスカッションというのは何をすればいいのでしょうか?

Discuss both viewsと書かれているように、「両方の意見を論じる」ことが求められています。タスクに2つの意見が提示されていますので、それぞれの意見について論じるわけです。

意見について論じるとは、その意見の根拠を考える、という意味です。

その意見が自分が支持する意見であれば、「なぜ自分がそう思うのか」という根拠(サポート)を示すわけです。

その意見が自分が支持しない意見、すなわち他人の意見であれば、「なぜそう思う人がいるのか」という根拠(サポート)を示すわけです。

このように、Discuss both viewsでは、「両方の意見の根拠を(推測して)述べる」ことが求められています。

6.0以上ではタスクにある2つの意見を論じることは必須

ライティングの採点基準の一つであるTask response(TR)の評価基準を見ると、「全てのタスクに答えていること(addresses all parts of the task)」がTR6以上の全てのバンドに記載されています。(TR6のみ、”although some parts may be more fully covered than others”が付随します)

タスクで聞かれていることに全て答えていることがTR6を確保する上での最低条件になっているわけですので、目標スコアが6.0以上の方は、両方の議論をすることは必須となります。

多くの場合、各ボディ(ボディ1とボディ2)でそれぞれの意見について論じる(意見の根拠を述べる)ことになります。

反論は必ず必要か?

Discuss both views and give your own opinion.と言われているように、自分の意見(ポジション)を述べることも求められています。自分はどちらの意見を支持するのかを答えるわけですが、それには理由が必要です。

タスクに与えられている2つの意見は多くの場合、何らかの形で対立しています(必ずしも対立していない場合もあります)。最終的に自分のポジションに導くためには、その理由(根拠)が必要となります。

そのためには、自分の意見ではない側、すなわち他人の意見を「反論」する必要があります。

しかし、意見の反論は時として非常に難しい場合があります。無理な反論をしようとすると、まだ十分な議論ができていないまま反論をしたり、エッセイ全体の流れが悪くなってしまったりします。またボディ間で意見が重複したり逆に意見が矛盾することもあります。

目標スコアが6.0であれば、Task response(TR)やCoherence/Cohesion(CC)は6で十分です。7を狙いたい気持ちもわかりますが、高いスコアを狙うことは常にリスクを伴います。無理な反論をして逆に低いスコアになってしまうことのないよう、十分に注意をしましょう。

一方で、目標スコアが7.0であれば、Task response(TR)やCoherence/Cohesion(CC)は7が必要です。アイデア自体を反論をするのか、より強いアイデアでボディ全体として反論をするのか、エッセイ全体の流れを考えながら構成をする力が求められます。

  • タスクにある2つの意見を論じることは必須
  • 目標スコア6.0までは反論(もしくはポジションの根拠)はなくてもいい
  • 目標スコア6.5以上は反論(もしくはポジションの根拠)が必要

コメントを残す