【2017年10月更新】最近のライティング・タスク1の傾向と対策

最近のライティング・タスク1(アカデミック)の傾向

アカデミック・タスク1の傾向の大きな変化は見られません。

最近のライティング・タスク1(アカデミック)の対策

グラフ・表

アカデミック・タスク1の80%の問題が、データをレポートにまとめる問題です。基本的にはグラフや表の形式で出題されます。

グラフには、線グラフ、円グラフ、棒グラフなどがありますが、どのように表されているかの違いであって、書くものは基本的には同じです。

タスク1のレポートを書く際には、特徴をしっかり捉え、データをある程度比較しながら書くようにしましょう。

地図

アカデミック・タスク1の10%の問題は、地図が出題されます。多くの場合は、何かの変化の前後の地図が二つ出題され、それらを比較したレポートを作成します。

地図が苦手、、、という方も多いかと思いますが、単に練習をしていないだけ、という場合が多いです。

グラフや表の場合はデータを読み取る必要がありますが、地図は書いてあることをそのまま文字にするだけですので、むしろ地図の方が簡単、とも言えます。

地図が出たらラッキー、と思えるように練習をしておきましょう。

ダイアグラム

アカデミック・タスク1の残りの10%は、ダイアグラムが出題されます。多くの場合は、ある生き物のライフサイクルや、リサイクルなどのプロセスが出題され、それらをレポートにまとめる問題です。

ダイアグラムも苦手、、、という方が多いかと思いますが、地図と同様に練習不足が原因の場合が多いです。

ダイアグラムが難しいとすれば、使う用語(特に動詞)がグラフ・表のような増減系の動詞ではないため、やや難しく感じるかもしれませんが、前述の通り、ライフサイクル系の問題とプロセス系の問題を練習しておけば、心配はありません。

ダイアグラムが出たらラッキー、と思えるように練習をしておきましょう。

最近のライティング・タスク1(ジェネラル)の傾向

ジェネラル・タスク1の傾向の大きな変化は見られません。

最近のライティング・タスク1(ジェネラル)の対策

手紙(フォーマル)

ジェネラル・タスク1では、手紙を書くことが求められます。手紙の内容がフォーマルなものかインフォーマルなものかを見極め、使用する表現を区別しましょう。

フォーマルな手紙とは、手紙を書く相手が見知らぬ人の場合(クレームなど)、あるいは知っていても敬うべき相手の場合(上司など)です。

友人に使うような表現を避け、フォーマルな表現を使うようにしましょう。

問題に記載されている箇条書きについてはくまなく答える必要がありますので、注意しましょう。

手紙(インフォーマル)

インフォーマルな手紙とは、手紙を書く相手が友人の場合です。

インフォーマルな手紙では、フォーマルな表現を避け、日常会話で使用するような自然な表現を用いましょう。

問題に記載されている箇条書きについてはくまなく答える必要がありますので、注意しましょう。

コメントを残す