IELTS Writing 8.0のモデルアンサーを毎週更新中!

【ライティング・タスク1に挑戦】中国とインドの人口推移

【ライティング・タスク1に挑戦】中国とインドの人口推移
コメント欄より提出できます。

  • 英文レポート(本文中のグラフ参照)

先日、インド料理を食べに行って思ったのですが、ゴールドコースト校のあるサウスポートの周辺にインドの人の数がだんだん増えてきたなぁと感じています。よく行くケバブ屋さんのお兄さんもインドの人だそうで、なんだかよくインドの人と会います(笑)。

サウスポートにはチャイナタウンもできて(といってもシドニーとかとは比べ物にならないですが)、チャイニーズ色がますます濃くなってきていますが、インドの人たちも頑張って欲しいと思います。

そこで少しに気になったので調べてみたのですが(気になったらすぐ調べるのはいいことですよ〜)、Australia census(国勢調査)によると、オーストラリアに住む「外国人」の上位5位は、ニュージーランド(9.2%)、イギリス(7.1%)、南アフリカ共和国(1.3%)、日本(0.8%)、中国(台湾・特別行政区を除く、0.7%)、と残念ながらインドはランクインせず。。。

確かに南アフリカ共和国の人も多いです。先日行った歯医者さんもそういえば南アの人でした。

一方、家庭で話される第二言語は、日本語、(標準)中国語, 韓国語, 広東語、イタリア語、の順だそうで、日本語は堂々の一位です!外国人の上位3カ国は英語が公用語の国ですから、まあ当然っちゃ当然ですね。

原文はこちら


ちなみに、インドの人口はあと数年〜十数後に中国の人口を追い抜くって知っていますか?専門家によって予測は分かれるようですが、中国の人口は早いところだと2023年ごろ、遅くとも2030年ごろまでには減少に転じてしまうようです。

言うまでもなく「一人っ子政策」のツケがやってくるわけですが、向こう10年、20年の間に「インドの時代」がやってくるかもしれません。

最後に、RBA(Reserve Bank of Australia)のウェブサイトから引用した人口予想図を紹介しますので、ライティング・タスク1の練習として挑戦してみてくださいね。コメント欄に「ライティングの必要スコア」とともにご提出いただけましたら簡単なフィードバックをさせていただきます。皆様の挑戦をお待ちしております。縦軸の「B」はbillionですよ。

ライティング・タスク1 練習問題を見る